Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中耳炎の症状と予防

TEAM-IZA NO,6押本菜々子
今回は、中耳炎についてです。

中耳炎は、子供がかかりやすい病気です。
しかし、まれに大人にも症状がでることがあるので、気を付けましょう。

中耳炎の症状
○発熱・・・小児では38度くらいの熱がでます。大人では熱の出ないこともあります。
○耳の痛み・強い耳の痛みがあります。夜、お子さんが耳の痛みが強く眠れないようなときにはまず急性中耳炎を疑います。しかし小さいお子さんは痛みを訴えることができませ ん。機嫌が悪いぐずる、耳に手をやるなど の様子に注意します。
○耳だれ・・炎症が強くなると中耳に膿がたまり鼓膜を破って外耳道に出てくることがあります。
○難聴・・・年長児、大人では聞こえにくい、耳のつまった感じがあります。
○滲出性中耳炎:中耳内に周囲の組織からしみ出した水分が貯まる病気です。発熱や痛みはなく軽度から中等度の難聴をおこします。
○慢性中耳炎:急性中耳炎や滲出性中耳炎が治りきらないと、鼓膜に穴があいた状態が続くことがあります。慢性中耳炎であり耳だれと難聴が主な自覚症状となります。

中耳炎は、細菌やウイルスが耳管を通り、中耳に感染することで起こります。例えば風邪をひいたとき、鼻やのどにある菌が、耳管を通って中耳に入り、炎症を起こすと中耳炎ということになります。
 子どもに中耳炎が多いのは耳管が未熟で、大人よりも短く、太く、まっすぐなために鼻や喉の影響を受けやすいからです
mimi


中耳炎の予防

①かぜを長引かない 
②鼻汁や鼻づまりはそのままにしないでしっかり治療
③鼻を強くかまない
④鼻をすすらない


TEAM-IZAスタッフ 押本菜々子

-- Team IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
〒279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35
BNTハウス1F TEL/FAX 047-304-8914
Mail info@team-iza.com
Blog http://teamiza.blog101.fc2.com/ Twitter 
@Team_IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●応急救護を広めよう!

応急救護 クラゲ編

みなさん、こんにちは!!

今回は海で遊んでいてもしもクラゲに刺されちゃった時の手当ての方法です。

3.1210.

 まず、クラゲに刺されたらすぐに触手を除去します。
このときに箸やピンセットなどを使い直接手で触らないようにします。 
絶対に食酢真水で洗浄するのはやめましょう。 食酢はクラゲに対する有効性は未確認の上に、
‘カツオノエボシ,は被害が拡大する恐れがあります。 なので、触手洗浄除去する場合は海水の
使用が適切です。

 痛みが激しいときは温かいお湯(45度くらい)に浸したタオルを患部に当てると痛みが引くことが
多いです。

症状
 ・激しい痛み
 ・火傷に似た炎症
 ・ミミズ腫れ
 ・頭痛
 ・吐き気
 ・ハブクラゲ、カツオノエボシのような強力な毒に刺された場合は、呼吸困難、呼吸停止になることが
  あるので人工呼吸を行う必要があります。

 海岸に打ち上げられたクラゲにも触らないでください。触手に毒が残っている場合があります。
 遊泳中は刺された痛みで溺れることもあるので注意が必要です。

たかがクラゲと甘く見ないで症状が激しい場合はすぐにお医者さんへ行きましょう!

Team-IZAスタッフ 山本 豊信

貧血の症状、予防、処置

こんにちは
TEAM-IZA  NO.6の押本菜々子です。
今回は、貧血についてです。

貧血には、多くの方が悩まされているでしょう。

貧血とは、血液中の赤血球が基準値よりも少ないことをいいます。
赤血球は、身体じゅうに酸素を運ぶ働きをしていて、それが不足すると、酸欠になります。

貧血に見られる症状
 ・疲れやすい  ・だるい  ・めまいがする  ・動悸や息切れがする
 ・肩こりがある ・頭が重い ・顔色が悪い

 ・食べ物が飲み込みづらい  ・口の端が切れる ・舌の表面がツルツル
 ・硬いものを大量に食べたくなる        ・酸味がしみる

 ・爪がスプーン状になる   ・爪が割れやすい ・枝毛
 ・抜け毛が増える      ・肌がカサカサする

それを防ぐためには?
 ・鉄の吸収を助けるタンパク質 (大豆製品、乳製品、卵)や、ビタミンC(緑黄色野菜や海藻類)も同時に摂る事が大切です。
 ・赤血球をつくるのに欠かせないビタミンB12(しじみ、あさり、いくら、たら  こ、にしん、レバー)

 ・緑茶、コーヒー、紅茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げます。食事中や食後は渋いお茶やコーヒーを飲むのは控えましょう。
 ・高齢者は、食事量の減少による鉄不足や、胃液分泌低下により鉄の吸収が悪くなりがちです。特に注意しましょう。

症状がひどくなったら…
頭を水平にして膝を立てて仰向けにその場に寝かせる。
tobe


衣服を緩めて呼吸を楽にする。
③1~3分程度で意識が回復するが、意識が戻らない場合は急いで医師を呼びましょう。

貧血には、症状が軽い、重い、があるかと思いますが、
普段から食生活に気を配り、快適な生活を送りましょう。


Team-IZAスタッフ 押本

-- Team IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
〒279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35
BNTハウス1F TEL/FAX 047-304-8914
Mail info@team-iza.com
Blog http://teamiza.blog101.fc2.com/ Twitter 
@Team_IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●応急救護を広めよう!

ケガの評価

こんにちはー!Team-IZA no.8の山です!みなさんが道を歩いているとき、人が車の近くで倒れていてどこかの骨が折れていたとしたら、見ただけではどこの骨が折れているか分かりませんよね!?救急隊が到着するのに時間がかかる場合には体のどこに処置が必要かを知りケアをする必要があります。
ここでは体のどこにケガをしているかを確認するときに使用するケガの評価の方法について説明していきます!
DSC_0009.jpg

評価をする前に・・・

◆バリア(グローブ)をつけて評価を始めましょう!
◆レスポンダーの声明を述べましょう!
◆必要であればメモを取りましょう!救急隊に引き継ぐときに患者の情報を伝えておくとGOOD!

ケガの評価の手順・・・

 【1】 患者の頭部と首を固定して、口頭で返事をするように頼みます。患者に頭を動かしたり振ったりさせないように頼みます。ここで患者が頭部、首、背中の痛みを訴えたらすぐに評価を中止して下さい!頭部と首の固定を継続して、そのまま救急隊の到着を待ちます。患者を動かさないようにしましょう!

 【2】 患者の顔が変形してないか指で額、頬、あごと触っていきながら確認します。

 【3】 耳や鼻から血液や体液が出ていないか確認します。もしあれば、頭部にケガをしている可能性を考えて評価を中止しましょう!

 【4】 患者の目の前に指を出し、頭を動かさずに指で目を追いかけるように指示します。両目がしっかり動くか確認します。このときに瞳孔の大きさも確認しましょう!

 【5】 頭骨と首に触れて異常がないか確認します。患者が痛みを訴えたら評価を中止して下さい。

 【6】 肩甲骨を両手でかぶせて内側へ優しく押します。

 【7】 両手を肩の外側へすべらせ、手のひらで両肩を優しく内側へ押します。

 【8】 2本の指を鎖骨の上にあて、身体の中心まで押しながらすべらせます。

 【9】 片手を肩に置き、腕を固定させます。もう片方の手で上腕、手、肘、手首へと腕に沿って触れていきます。もう片方の腕にも同じように実施します。患者に両手の指を動かしてみるように、またあなたの手を強く握ってみるように指示します。

 【10】 胸部の変形を確認をします。患者の肋骨に手のひらを置き、優しく内側へ置きます。

 【11】 患者の身体の下に両手をそっと入れ、背骨の確認をします。患者を動かさずにできるだけ広い範囲に触れます。患者の背骨に沿って優しく触れていき、異常がないか確認します。

 【12】 片手で患者の腹部を優しく押します。へその上下左右を優しく圧迫します。

 【13】 両手を骨盤に当て、手のひらで優しく骨盤を内側へ押します。

 【14】 太ももから始め、脚の上部から膝、下部、足首へと手で触れていきます。足で指へを動かしてみるように患者に指示します。もう片方の足にも同じように行います。

 【15】 痛み、変形を発見した箇所はEMS(救急隊)に」報告するために記録しおきましょう!患者のライフラインの観察とケアを継続します。

・・・とやることがとても多い!覚えられない!という方が多いと思いでしょう。頭から足まで体全体を確認すると覚えるとやりやすいと思います!

Team-IZA スタッフ 山

お知らせ!

皆さん、こんにちは!

Team-IZAのロゴが出来上がりました!

これからも本格的に活動開始していきたいと思います。

securedownload_20110623192214.png

そして、Team-IZAのメンバーでイベントを開催することになりました!

詳しい日程などは検討中ですが、必ず開催するので是非皆さんご参加ください。




イベント内容

開催予定日:8月29・30日(1泊2日)

開催場所:伊豆田子

内容:FUNダイビング(2ボート)+EFR講習で学んだスキルを通したレスキュー方法を学ぶ

定員:20名




また詳しい内容は、後日お知らせいたします。







«  | ホーム |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

Team-IZA

Author:Team-IZA
Team-IZAは【応急救護を広める】という活動を行っています。
主な活動内容は【EFR】(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)講習です。
『EFR』とは、国際蘇生法連絡委員会の基礎生命維持部会の総意に基づく緊急時における考慮と手順に従い、心肺蘇生法・AEDの使用方法、怪我の手当てなどを学ぶコースの事であり、いざ【IZA】という時の人を助ける知識・技術を広めるために活動中です。

 

運営サイト

 



 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

 

 

提携企業

カウンター

 ご閲覧ありがとうございます!!

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。