Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止血方法

こんにちは!!
今回は止血方法について説明したいと思います。

【止血の基本】
一般に体内の血液の20%以上が急速に失われると、出血性ショックという重い症状になり、顔面は青白くなり、指先は冷たくなります。また30%以上を失うと生命に危険を及ぼします。なので、出血量が多いほど、止血を急がなくてなりません。

【直接圧迫止血法】
出血している場所を、きれいなガーゼやハンカチなどで強く押さえてしばらく圧迫します。この場合、感染予防の為に直接触らないように、できるだけビニール手袋やビニール袋を使用します。
片手で圧迫しても止血できない場合、両手で体重を乗せながら圧迫止血します。包帯や三角巾がある場合は、ガーゼやハンカチの上から少しきつめに巻きます。細い紐や針金は、神経や筋肉を損傷する恐れがあるので使ってはいけません。傷口を心臓より高い位置に保つことができるのであれば、その位置で圧迫を行うと止血効果が高まります。

【間接圧迫止血法】
傷口あたりに骨折があり、直接圧迫できないときや、直接圧迫法で止血できない場合に行います。傷口より心臓に近い動脈(止血点)を確認する。傷口に一番近い止血点を探し手や指で強く圧迫します。

【止血帯法】

止血帯法は、手足の太い動脈性出血の場合の止血方法で、直接圧迫止血法では止血が困難な場合に行われます。止血帯が行えない部分は、ひじから肩までの腕と、ひざからそけい部までの足に限ります。
止血帯は、できるだけ幅の広いものを使用します。(3cm以上)専用の止血帯が手近にない場合は、ネクタイ、スカーフ、帯、ベルトなどが使用できます。
30分以上続ける場合には、30分に1回止血をゆるめ、血流の再開を図ります。これは血流を、完全に止めていることによる神経マヒや壊死を防ぐ為です。

出血をしているときは早めに病院にいってくださいね!!

Team-IZAスタッフ 海老沼

Team IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
〒279-0004 千葉県浦安市猫実5-4-35
BNTハウス1F TEL/FAX 047-304-8914
Mail info@team-iza.com
Blog http://teamiza.blog101.fc2.com/ Twitter 
@Team_IZA ●●●●●●●●●●●●●●●●●応急救護を広めよう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teamiza.blog101.fc2.com/tb.php/96-3b3330fd

«  | ホーム |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

Team-IZA

Author:Team-IZA
Team-IZAは【応急救護を広める】という活動を行っています。
主な活動内容は【EFR】(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)講習です。
『EFR』とは、国際蘇生法連絡委員会の基礎生命維持部会の総意に基づく緊急時における考慮と手順に従い、心肺蘇生法・AEDの使用方法、怪我の手当てなどを学ぶコースの事であり、いざ【IZA】という時の人を助ける知識・技術を広めるために活動中です。

 

運営サイト

 



 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

 

 

提携企業

カウンター

 ご閲覧ありがとうございます!!

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。